1952年  昭和27年  川崎市剣道連盟が結成される。
初代 石川八代次 会長就任
講和記念剣道大会(第一回創立記念剣道大会)開催
1966年 昭和41年 第2代 結城 貢 会長就任 
1972年 昭和47年  川崎市が政令指定都市となり区制が施行される、五区が制定される。各区に「区剣道連盟」を組織する。 
1976年 昭和51年  川崎市立「石川記念武道館」開設 
1981年  昭和56年  第三代 小林 完一 会長就任
川崎市剣道連盟創立30周年記念式典及び剣道大会開催
川崎市から感謝状が贈呈される。
川崎市剣道連盟史(30年の歩み)発刊
1982年 昭和57年  川崎市に新たに「宮前区」「麻生区」が制定される(7区制となる) これに伴い両区に、剣道連盟を組織する。
1983年 昭和58年   第4代 保坂 博 会長
1991年 平成3年 川崎市剣道連盟創立40周年記念式典及び剣道大会開催
創立40周年記念号(パンフレット)発行 
1993年 平成5年  台北市と剣道交歓試合
1994年 平成6年  第五代 上野富夫 会長就任 
1996年 平成8年  大韓剣道会(韓国 富川市)との交歓試合 
1997年 平成9年  第六代 宮田 良辰 会長就任 
1999年 平成11年  韓国実業団剣道連盟選手団と交歓試合 
2000年 平成12年   ミレニアムを迎える
2002年 平成14年  川崎市剣道連盟創立50年記念式典及び剣道大会開催
川崎市剣道連盟史誌(半世紀の歩み)発行 
2005年   平成17年 第七代 冨田 三郎 会長就任 
 2012年  平成24年 第八代 星野 明弘 会長就任